2008年度物質系専攻修士修了
♦♦ TeraWatt Technology Inc.
♦♦♦  代表取締役CEO 緒方健氏

「Let’s be healthy and brutally honest to what you love and challenge 」

 
“Don’t care if you even graduated high school”
~Elon Musk~

ここ十数年、幸い世界中の沢山の人に触れる機会に恵まれた。
そして思ったこと。
「ストリートファイトの場数を多く踏んだ人間が結局は一番強い」
東大だ、ハーバードだ、博士だ、官僚だ、外銀コンサルだ、商社だ、一部上場企業だ、ベンチャーだ。
そんな旧来の「格」は、あらゆるコンセプトが2週間で実装できる事業分野では急速に意味を失いつつある。
あなたの素晴らしいアイデアや「格」に一切の事業価値はない。アイデアの実装と失敗にこそ価値はある。
つまり早く動いた人間が強い。
あなたが好きな事をやっているかどうかはもっと重要だ。
好き、は非常に効率的だ。気持ちを切替えなくても無意識に頭の中で事が進むからだ。

所謂「賢い人」は先を読み「ストリートファイト」のリスク分析をする。
ただ、その分析はほぼ無意味だ。的は動きの中で動き、結局は実装と失敗でしか確度は上がらないからだ。
所謂「賢い人」は「ストリートファイト」への根拠のない恐怖心を持っている。
ただ、それも幻想だ。日本は水と空気と社会保障と安全がある。
こんな希少価値を持った先進国は少ない。つまりあなたが死ぬことは無い。
要はそう腹をくくれるかどうか、が自分の道への答えだ。

「最初から逃げ道を作る」
「相手の人格のせいにする」
「挑戦できないことを環境や家族や社会体裁に結ぶ」

これらは全てプライドという無意味な生物的自己防衛機能が作り出す偽りの自己正当化だ。
あなたが所謂エリートならその機能は更に強固になっていると自覚すべきだ。
そして、もしあなたが世界を変えたいなら、間違いなくその機能を完全に不全化させた方がいい。

弱い人間が負け、強い人間が勝つ。あなたが負けた理由はただ弱いからだ。
世界は非情なほどシンプルだ。
負けた相手の人間性や自分を囲む不遇の環境など論点にする暇はないはずだ。
シンプルになぜ自分が弱かったのか、どうすれば上手く行くのかをBrutally honest (残酷なほど正直)に考えるべきだ。
簡単な様でこれが出来る人は世の中にあまりいないし、それは学歴や偏差値との相関は全く無い。
だからマスク氏は正しい事を言っていると思う。

あなたが世界を変えたいのならあえて挑戦的環境に身を投げると良い。
結局、人は尻に火がつかないと動かないし、Insane(狂ったよう)でないと世界を変える事なんてできない。
なぜならあなたのアイデアを多くの人が同じ様に素晴らしいと感じ日々実装しているからだ。
世の中を変えてきたのは常にIrrational(非合理的)なファイトを仕掛けGRIT(やり切る力)を持つ人間だ。
ストリートファイトの定義はあなたが決めれば良い。
起業でも研究でも創作活動でも自営業でも何でも良い。
ただせっかくだから世界を変えるアジェンダを設定しよう。
小さな失敗は先行性の確保と同義だし、人が経験しないような大きな失敗をしても、あなたは更に強くなるだけだ。
また、人はあなたが考える程あなたに興味はない。
だから好きな事をやったほうが良い。そして何より健康であるべく努めよう。健康は最上級のスキルでありアセットだ。

“Let’s be healthy and brutally honest to what you love and challenge”

物事は意外とシンプルなのかもしれない。
さぁ、ストリートに出て一緒にジャズを奏でよう、そしてついでに世界を変えよう。

⇐ 2020年2月のコラム

リレーコラム一覧