♦♦  情報理工学系研究科 電子情報学専攻
♦♦♦   長谷川禎彦 准教授

4月はコロナウイルスの影響で、学生・教職員の皆様はほとんど自宅での遠隔作業だったかと思います。そのため、この数か月で以前では考えられないほどのスピードでデジタル化が進みました。柏キャンパスは授業を受けるため・行うため、また会議に出席するために本郷・駒場に移動しなければならないことがあり、多くの時間ロスにつながっているかと思います。コロナウイルスの影響がなくなったあとでも、一部は遠隔での実施が認められるようになれば、柏キャンパスの地理的なマイナス面もだいぶ少なくなるのではないかと期待しております。一方で、直接会って話すことの重要さも認識することになりました。特に、研究室のメンバーと気軽に話すことがなくなってしまったため、ちょっとした研究のアイディアなどをディスカッションする機会がなくなりました。こういった気軽なディスカッションが研究を進めるうえで重要であると強く感じております。まだまだ自宅待機は終わりそうにありませんが、皆様健康に気を付けてください。

⇐ 2020年4月のコラム
リレーコラム一覧